fc2ブログ
【”新たな挑戦!” 2022/09/15】
☆始まる!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 以前から興味があったのですが、何をどうしたらいいのか良くわからずに悶々とした日々が・・・。
 ある山伏の方にご縁がありその方から贈りモノが届きました。

 blog_2022_09_15_2.jpg

 前からお会いする度に「山伏に興味があるんですよね・・・。」とお伝えしていたので、気にはして頂いていたとは思うのですが。
 これが届いたという事は、これから自分なりに真面目に向き合って取組んで行かねばならないという事です。いきなり色々な事は出来ませんが少しずつ前に進んで行こうと思います。

 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



【”2022鬼女紅葉伝説に里トレッキング 参加募集開始" 2022/09/12】
☆募集開始!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 戸隠には多くの伝説が語り継がれています。その中で一番興味深くミステリアスな伝説の地を探検してみませんか。
現在(一社)戸隠観光協会とコラボの調整中です。コラボ決定されましたらコースや参加費等少々変更する事があるかも知れません事、ご承知下さい。

 blog_2022_09_12_1.jpg

●日程:2022年10月29日(土)
●時間:9:00〜15:00
●コース:小鳥の森→荒倉キャンプ場→紅葉の岩屋→戸隠連峰絶景ポイント→小鳥の森
●参加費:¥5,500(ガイド代、保険代,、お弁当代)※保険を掛けますが、基本的には自己責任でお願いします。
●募集人数:10名(最小催行人数:2名)
●申込み締め切り:10月21日(金)迄にお願いします。※申込みフォーマットより仮申込みを頂き、その後指定期間内に参加費用を振込みをもって正式申込みとさせて頂きます。
※天候によりコース変更等がある場合のありますので、お了承下さい。
※当日の装備及び持ち物です。歩き易い服装、トレッキングシューズなど山道を歩ける靴、リュック(飲み物、嗜好品など。)、合羽、心配な方はストック(ノルディックウォーキング用でも可)など。
※宿泊の手配は各自でお願いします。お問合せ頂ければお薦め宿などご紹介致します。

参加申込や問合せ→BC戸隠小鳥の森Guide申込フォーマット
 上記フォーマットから仮申込み頂き、こちらからお支払い等の情報をメール致します。参加費等をお振込頂き正式申込みとさせて頂きます。

 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”E-BIKE体験ライド 開催予定” 2022/09/09】
☆一緒に走りましょう!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 最近各地でE-BIKEを使った観光誘致が行われています。戸隠でも補助金を使って”E-BIKE”を購入して観光客増加の動きがあります。E-BIKEに乗れば何処でも行ける様なニュアンスをお持ちの方も多いと思いますが、ベースは自転車です。足代わりに使うだけではもったいないと思いませんか?

 blog_2021_10_07_2.jpeg

 折角こんなに格好の良いE-BIKEに乗るのですから、楽しく快適に乗る方法を知りたくはありませんか?

 そこで"E-BIKE”のセッティングから始まり、乗り方、止まり方、快適な走り方など基本中の基本からライディングまで3時間程の体験会を企画しました。

**************************************

 ●案内時間(モデルプラン):9時〜12時(実走約2時間30分)
 ●レベル:通常の自転車に乗れれば誰でも(身長150cm以上)
 ●GUIDE費用:¥5,500(GUIDE1名に付き10名まで)※別途レンタルバイク代¥3,000
 ●催行最低人数:1名
 ●開催日:2022年9月20日(火)、27日(火)、10月4日(火)、11日(火)、25日(火)
 ●内容:E-Bikeって何なの?戸隠は山なので登りが多いので大変そう?と思っている方、まずは乗ってみましょう!
  普通にママチャリなど自転車に乗れる方でしたらOKです。MTBバイクの楽しみ方やE-Bikeの面白さを体験したい
  方対象です。
 ●装備等:運動靴やトレッキングシューズなど。動き易い服装。合羽など雨具。ザックやウエストバックなど嗜好
  品、飲み物、着替えなどを入れる物。サングラス、手袋などは各自適宜。

**************************************
 
 参加申込や問合せ→BC戸隠小鳥の森Guide申込フォーマット
 上記フォーマットから仮申込み頂き、こちらからお支払い等の情報をメール致します。参加費等をお振込頂き正式申込みとさせて頂きます。
 各開催日4日前の金曜日を申込締め切りとさせて頂きますので、宜しくお願いします。

 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”頼朝山法性院静松寺” 2022/09/05】
☆謂れが凄い!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 ”善光寺”から戸隠古道(芋井コース)”を1時間少し歩くと山の中に寺院が現れる。ここは”葛山(812m)”山麓の”頼朝山(644m)”のすぐ下に当たる場所です。
 
 何故この様な場所にポツンと寺院があるのだろうか?

 blog_2022_09_05_1.jpg

 六十六部行者という法華経を書写して全国六十六カ国の霊場に一部ずつ納経して巡礼を行う行者がいました、その一人である”頼朝坊智盛(らいちょうぼうちじょう)”法師が諸国を訪れ最後に善光寺の善光寺如来に一生身をおちつかせると決めて葛山中腹に庵を建てたのが静松寺(じょうしょうじ)”の始まりです。
 
 葛山と旭山にはそれぞれ上杉軍、武田軍の城があり睨み合いが続き、この静松寺は武田軍の情勢を見るには打ってつけの場所でした。上杉軍に付いていたと思われた静松寺の僧侶の中に武田軍への内通者がいて、葛山城には水が無い事を教え、弘治3年(1557)2月、武田軍は葛山城に火を放ち落城させました。その際に、水が有るを偽装する為に米を流して水と思わせ、相手の目を欺かせるた米山城伝説もあったと伝えられています。火を放たれ逃げ場を失った女性達が身を投げた姫谷と呼ばれる沢からは今でも悲しい鳴き声が聞かれるという、恐ろしや!!

 ”頼朝坊智盛”法師が亡くなる際に左の掌に”頼朝”と書いて亡くなったそうです。源頼朝が生まれた際に左手に”頼朝”と書いてあった事から”頼朝坊智盛”法師の生まれ代わりだと言われ元服した際に”頼朝”と名乗りました。幕府を開いた”源頼朝”は善光寺が焼失した際の復興に尽力され自ら参拝して、その際に自分の名前の由来である茂菅の頼朝坊の遺跡を訪れて寺院に頼朝山法性院静松寺と名付け、民衆には田地や山林を寄進したそうです。そして、現在に至っています。

 天台宗の寺院のであり御本尊は善光寺と同じ”阿弥陀如来”様です。

 また、この寺院には急な石段が有ります。

 blog_2022_09_05_2.jpg

 余りに急なので現在は立ち入り禁止になっていますが、この石段は善光寺参道に敷石を寄贈した江戸の石屋であった”大竹屋平兵衛”が寄贈したモノです。理由があって大竹屋平兵衛は静松寺で出家して、”道専”と名乗りました。
 何故、善光寺や静松寺に私財を投げ打って寄贈したか?何故、出家したか?は、また”善光寺参道の敷石”と題して書きたいと思いますのでお楽しみに。
 その事もあって大竹屋平兵衛のお墓は善光寺、静松寺の両方に有ります。

 森の中にポツンとあった寺院にこんな謂れがあったとは・・・、源頼朝!何て旬な話題でしょうか!もっと話題になっても良いんじゃ無いですかね💢。
 
 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”インバウンド対応通訳ガイド研修Guide” 2022/08/30】
☆快適!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 前日の下見ライドに続いて、本日は本チャンGuideです。
 (一社)戸隠観光協会インバウンド対応のガイド育成講習会Guideを行なってきました。

 blog_2022_09_02_1.jpg

 戸隠そば博物館”とんくるりん”に集合して講習会開始。自己紹介は英語で😅。僕は戸隠弁で😁。全員がスポーツBikeに乗った事がないという事ですので、シート高の調整の仕方、ブレーキの掛け方、シフトの仕方などを駐車場で練習してからスタート。あー、一番大事な電源の入れ方も!

 今回のルートは協会で発行している”Eバイク とがくしMAP”の中の里山満喫コースを案内。流石E-Bike、初めての方でも楽々登りますね。
 戸隠地区の中心エリアの”豊岡”地区を走ります。標高900m位の農耕限界ライン。

 blog_2022_09_02_2.jpg

 この辺りからは戸隠支所など中心地区が良く望めます。Guideしていると地元のお爺さんが

 「これ持ってけ!」

 と、今日は”キュウリ”を頂いちゃいました!里山交流です。

 ここからは昨日下見したコースを気持ち良くライド。”原口の蕎麦畑”はほとんどの参加者が初めて訪れた場所でした。まだ蕎麦の花は咲いていませんでしたが、皆さん感動されていました。帰りは電動パワー全開で登ってきました。

 blog_2022_09_02_3.jpg

 天気も段々回復してきたので最後に”戸隠連峰””蕎麦の花”が一番綺麗な場所で集合写真。
 ちょっと真面目に解説し過ぎたかな?😀13時終了予定でしたが、14時になっちゃいました・・・。

 これは僕の考えですが、E-Bikeを使ったGuideはなるべく長く走り細かく解説などはしない方が良いかな。まずは自転車の楽しさを知って貰う事。そして、自転車を使ったからこそ行けるところに案内する事。最後に通常の散策Guide同様の知識を披露する事って感じですかね。当然ですが、バイクトラブルにも対応しなければいけないのは当たり前ですが・・・。

 まだまだ課題が山積みな気がしましたね。他のエリアのやっている事も参考にこれからもっと充実した内容にしていこうと思いました。

 E-Bike Guideも承っていますので、気軽にお問合せ下さい。レンタルバイクも有りますので、興味のある方はどうぞ!





 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Copyright © Togakushi BackCountry Guides KOTORINOMORI. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈