FC2ブログ
【”善光寺七福神巡りGuide その五” 2019/12/08】
☆こんな所?☆

 
 
 みなさん、こんばんは! 
 お昼の方は、こんにちは! 
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 

 ”善光寺七福神巡りも五番目の”御本陳藤屋”の玄関にある布袋尊(ほていそん)”です。 

 blog_2019_11_26_9.jpg

 
 
 前身である”御本陳藤屋旅館(ごほんじんふじやりょかん)”は、旧北国街道善光寺宿の本陣として長い歴史を持つ旅館である。現在は宿業はしておらず、ウェディングやレストランの形態で営業しています。 

  blog_2019_11_26_8.jpg

 

 その入口の隅に布袋尊がありました。”布袋尊”は七福神の中で唯一実在した人物の神格化です。”布袋尊”のご利益は、開運、子宝、良縁、夫婦円満、商売繫盛、無病息災、財運・金運向上等々、普段皆さんが神様にお願い為る事の殆どが入っている気が・・・。

 

 ここも無人なので色紙への押印はセルフで100円になります。御朱印はこの後にまとめて頂く事になります。
 さー、あと二つです。しかし、今回は時間が無いのでここで終了です。また、別の日にこの後を回りたいと思います。

 blog_2019_11_26_10.jpg

 ここまで五箇所の”押印”を押せました。良い感じです。
   
スポンサーサイト



【”善光寺七福神巡りGuide その四” 2019/12/05】
☆ひっそり寂しく!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 善光寺七福神巡りの四番目は”往生院”弁財天です。場所は長野市内の飲屋街が連なる”権堂(ごんどう)”商店街の一角にあります。

 blog_2019_12_01_01.jpg
 
 1197年に”源頼朝”が”善光寺参り”をした際に、”善光寺”を再建することを決めたそうです。その再建の間、”善光寺如来”をこの”往生院”に移しておくこととなり、ここが”善光寺の仮堂”になりました。仮のお堂の事を”権堂”と呼ぶ事から、この地が”権堂(ごんどう)”という地名になったそうです。

 ここに奉られている”宇賀神九頭竜大弁財天は長野県内最古のモノだそうです。

 blog_2019_11_26_7.jpg blog_2019_12_01_2.jpg


 ここも無人なので色紙への押印は100円でセルフです。御朱印はここではして頂けないので、先の所で一緒にお願い為る事に。

 この続きは、その五”布袋尊”

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”善光寺七福神巡りGuide その参” 2019/12/02】
☆解り辛かった!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 善光寺七福神巡りの三つ目は”秋葉神社”福禄寿(ふくろくじゅ)”です。

 blog_2019_11_26_6.jpg
 
 ”善光寺参道”から少し入った所で、少々解り辛かったですね。大きな神社だなーと思ったら”秋葉神社”と”十念寺”が併設されていたんですね。
 ”秋葉神社”と言えば”秋葉三尺坊”ですね。この始まりは戸隠なんですよ、知ってました?この”秋葉三尺坊”の話は、また詳しくご紹介しますのでお楽しみに。

 blog_2019_11_26_5.jpg blog_2019_11_26_14.jpg

 福禄寿とは、幸福(現代日本語でいう漠然とした幸福全般のことではなく血のつながった実の子に恵まれること)、封禄(財産のこと)、長寿(単なる長生きではなく健康を伴う長寿)の三徳を具現化したものであるとWikipediaに記載されています。
 容姿は、背が低く長頭で長い髭をはやし、杖に経巻を結び、鶴を伴っている姿とされています。何だかみんあ頭が長い気が・・・。(笑)

 ここも無人なので色紙の押印は100円でセルフです。御朱印は”刈萱山 西光寺”で先に200円で頂きました。

 次は四つ目の”弁財天”に続く。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”上高田保育園 雲組 大峰山登山Guide” 2019/11/29】
☆雪が・・・!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今日は、上高田保育園”雲組・年中組”の今年度最後の”アウトドアGuideでした。戸隠では雪が微かに積もる感じでしたが・・・。

 今年の成果を試すべく長野市にある大峰山(828m)”に登りました。

 出発点は”善光寺”の裏山の花岡平にある”霊山寺(りょうざんじ)”から登り始めます。歩く事15分位で聳り立つ岩が出現。これが上杉謙信物見の岩と言います。詳しい話はまた後日お話ししますが、この岩ではhatakichiも所属します戸隠山岳救助隊をはじめ県警救助隊やクライマー達が練習する事で有名な所です。その左下に有ります”岩井観音堂”。ここで昔、”弘法大師”が業を成したを伝えられています。

 blog_2019_11_29_5.jpg blog_2019_11_29_6.jpg

 さー、ここから落ち葉の絨毯の中を少しずつ登って行きます!今日は女子が元気一杯です。先程の”上杉謙信物見の岩”の上部に到着!どうです、この素晴らしい景色。”上杉謙信”もこの景色を見た事でしょう!!

 blog_2019_11_29_2.jpg blog_2019_11_29_1.jpg

 ここからは”赤松”の中を歩きます。”松茸”が出るらしいですが・・・。出発して1時間半程、最後は結構は登りをジグザグに登って山頂にある”大峰城”に到着。昔、長野市が観光促進の為に作ったモノだが、今は何も使っていない廃墟。もったい無いですね。この上から見れば景色が最高だと思うのですが・・・。
 ここでみんなでお昼を食べて、同じ道を引き返しました。

 blog_2019_11_29_3.jpg blog_2019_11_29_4.jpg

 朝は雪が舞っている中を登り始めましたが、途中から太陽も顔を出してこの時期としては快適な登山が出来ました。これで今シーズンの”雲組・年中組”のhatakichiの担当は終了。4月に比べると体力、気力共に凄い成長です。来年度は”風組・年長組)”です。今年以上にいろいろな山等に行きますのです、頑張りましょう!冬の間に沢山食べて、沢山遊んで、春には元気な姿で会いましょう!

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”善光寺七福神巡りGuide その弐” 2019/11/27】
☆ちょっと寂しい!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 善光寺七福神巡りの二番目は”大黒主神社”です。ここは、一番目の”刈萱山 西光寺”からの”善光寺街道”から少し離れた場所にあります。すぐ横には長野中央郵便局があります。たまにここを使いますが、まさかここに大黒天(大黒様)”が居たとは・・・。

 blog_2019_11_26_4.jpg blog_2019_11_26_3.jpg

 ここは無人なので扉が閉まっていますので、中が見辛かったのですが・・・。少し開いていた穴から内部を撮影。右側にいらっしゃいました!色紙への押印は100円でセルフです。

 blog_2019_11_26_13.jpg

 御朱印は”刈萱山 西光寺”で先に頂きました。これまた200円

 大黒天(大黒様)”は、肩に大きな袋を背負い、右手には内出の小槌を持った姿が有名ですね。米俵の上に乗って、福々しい姿が印象的です。日本では、大黒が大国と同じ音なので、古くから神道の神さまの大国主と習合し、破壊と豊穣の神として信仰されてきました。その後、豊穣の神さまとしての意味が残り、恵比寿様と同様に、七福神の大黒様として、食べ物、財福の神さまとして知られるようになりました。特に中国と日本では食べ物の神さまとして、寺の厨房に祀られました。
 という事は、当店の厨房にも奉らないといけないかな?
 8月20日には、秋祭りが行われるそうです。

 さて、寄り道をしたので再び”善光寺街道”に戻って三番目の”福録寿”へ。

 その参”福録寿”へ続く

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Copyright © Togakushi BackCountry Guides KOTORINOMORI. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈