FC2ブログ
【”MSRスノーシューレンタル” 2021/01/10】
スノーハイキング!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 毎日日夜雪と戯れていますhatakichiです。

 今年は例年に無く、雪に恵まれて”スノーハイキング”を十分に楽しめます。当店では”スノーハイキングGUIDE”も行っていますので、ぜひ一緒に遊びましょう!!

 詳細➡︎”Togakushi Backcountry Guides KOTORINOMORI

 また、レンタルスノーシュー(ストック付き)”もご用意しています。

 blog_2021_01_10.jpg


 当店のレンタルは”MSRスノーシューになりますので、登山でも散策でも抜群の性能を発揮して楽しく遊べます。料金は1日¥1,650(税込)です。GUIDEをお願いされるお客様には1日¥1,100(税込)でお貸し致します。数に限りがありますので、事前ご予約頂いた方が確実だと思いますので、宜しくお願いします。

  






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



【”戸隠神社五社巡りGuide” 2020/10/26】
☆混んでいます!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今年は”新型コロナウィルス”の影響でガイド業はほとんど・・・。イベント等も組めいない状態なので、少々諦めムードです。こういう時期には来年以降の戦略を考える良い機会と前向きに思って行動していきます。

 され少し前ですが”神社巡りGuideのご要望がありましたので、ご案内致しました。最近、神社やお寺に興味を持たれたお客様からのご用命でした。

 戸隠神社奥社からスタートしたいとのご要望でしたので、戸隠神社奥社駐車場に9時に落ち合いました。参道を進みましたが、野鳥観察にお客様も多く賑わっています。宿坊の話や丁石や杉並木の話をしながら1時間少し掛けて戸隠神社奥社に到着。

 tbgk_2020_10_26_1.jpg

 平日ですが、そこそこ人はいました。”Go To トラベル”の恩恵でしょうか。御朱印を集めているそうなので社務所に行ってみると、現在は”新型コロナウィルス”の影響で御朱印帳に書くのでは無くて、紙に書いたものを頂く形にしています。

 五社巡り以外にご希望を聞いてみると、鏡池などにも行ってみたいとの事でしたので、途中から”戸隠森林植物園”を通って”池巡り”に。
 鏡池は大変な事になっていました。車、車、車で綺麗な景色も台無しです。いつも思うのですが、なんとかしないとです。
 紅葉は後半に入って赤が終わり、晩秋の黄色や茶色がメインです。
 その後小鳥ヶ池にも行ってみました。こちらも良い感じの景色で感動して頂きました。湖畔には白樺が多く、”鏡池”とは違った感じで素敵だそうです。

 tbgk_2020_10_26_2.jpg tbgk_2020_10_26_3.jpg

 戸隠神社中社”戸隠神社火之御子社”に寄って、最後に戸隠神社宝光社”でミッション・コンプリートです。通常と逆ルートで歩いたので、少々話的には難しいところもありましたが、大満足して頂けました。翌日は”善光寺”に寄って帰られるという事でしたので、見所を説明してガイド終了と致しました。
 
 tbgk_2020_10_26_4.jpg

 また、戸隠に来たいとおっしゃっていましたので、是非また違うルートを歩きましょう!!今回は、ありがとうございました。

 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”善光寺遊学② 湯福神社のケヤキ 折れる!” 2020/10/09】
☆危なかった!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今回の台風14号は、急旋回した為に、大きな被害はありませんでしたね、と言いたいところでしたが、有りました!

 長野駅から”善光寺”を経由して”戸隠神社奥社”まで2日掛けて戸隠古道を歩く戸隠古道大ウォークで”善光寺”の後に訪れていた湯福神社で9日(土)に起こりました。

 時刻は11時頃、9日(土)は「氏神様に感謝とコロナ退散祈願」と題した秋祭の宵祭の日でした。境内には宮司を始め関係者の方々がお祭りに準備をしているところでした。突然の突風で天然記念物に指定されている境内に3本ある湯福神社のケヤキ”の内の参道西側にある推定樹齢700年と言われている樹高約20mのモノの上部にある枝が長さ2m程、太い部分で直径70cmのモノが折れて落下しました。参道にいた宮司など4人のうち2人が巻き込まれましたが、目立ったけがはないということでした。

 tbcgk_2020_10_09_3.jpg

 被害は”本田善光廟”の一部崩壊とその近くにあった”灯篭”が破壊させていました。

 tbcgk_2020_10_09_2.jpg tbcgk_2020_10_09_1.jpg

 次の日にhatakichiは現場に行ってみて関係者の方々とお話しさせて頂きましたが、「本当に怪我人が出なくてよかったよ。これも神様が守ってくれたんだなぁ。」とおっしゃっていました。

 ものは取り様です。今年は”新型コロナウィルス”の影響で暗いニュースばかりです。そんな中やっとお祭り事などが開催解除され始めての事故。この程度で怪我人も出ずに良かったとポジティブに思うべきなのでしょうね。戸隠からは遠いのですが、毎年ここをガイドしたりしているので、何か親近感があり心配になってしまいました。是非、早い復興を期待したいですね。

 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”善光寺遊学① 仁王門” 2020/09/25】
☆迫力!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 ”戸隠神社””戸隠”の事を勉強していく上で”善光寺”や周辺の事も勉強していく事は必須です。そこで、今回は”善光寺”の”仁王門”について。

 現在建っている”仁王門”は大正7年(1918年)に建立させたものです。今年で102年経っているという事になります。”善光寺”の歴史からみたら100年は短かい歴史に感じられるのは、過去に数回”善光寺”は火災にあっていて、”仁王門”も2回焼失されている為です。
 現在この”仁王門”は夜間ライトアップされています。昨日見に行ってきました。

 blog_2020_09_25_1.jpg

 暗い中に筋肉隆々の”仁王像”が一際目を引きます。

 blog_2020_09_25_2.jpg blog_2020_09_25_3.jpg

 何故、こんなに筋肉隆々で表情も険しいのかというと。ここで寺院に入らない様に仏敵を追い払うという意味だそうです。この表情を”忿怒相(ふんぬそう)”と言います。”善光寺”に対して左側の口を大きく開けているのが”阿形(あぎょう)”と言います。向かって右側の口を閉じているのが”吽形(うんぎょう)”です。”阿吽の呼吸”です。また、仁王像が片手に握りしめていモノは”金剛杵(こんごうしょ)”という武器です。これを持つ姿から仁王は別名”金剛力士(こんごうりきし)”とも呼ばれています。「金剛」はとても固い物質とされ、仏教ではその堅固な力を尊び、様々な用語に使われているそうです。この武器を手にする姿も、仁王の強さをより一層際立たせているのではないでしょうか。

 夜は人も少ないので、ゆっくりと拝見する事が出来ますので如何でしょうか。

 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”E-BIKEねぇ〜。” 2020/09/08】
☆楽だ!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 hatakichiは最近お客様に「若い時には、体を鍛えてチャレンジして目標を達成する。年をしてきたらサプリメントや道具などお金を使ってカバーする!」と。

 今日、某チームの"E-BKE試乗会"にお招き頂きました。ここでも同じ事を考えました。

 ”株式会社ミヤタサイクル”様の”E-BIKE”です。クロスバイク、ハードテイルバイク、フルサスペンションバイクの3種類です。

 blog_2020_09_08_1.jpg blog_2020_09_08_2.jpg

 戸隠という自然環境から考えると、舗装道路ダートの両方を走る事を考えるとハードテールかフルサスになりますね。息子といつも言っている

 「男は黙ってハードテール!」

 という言葉通り、ハードテールが良いかと思います。

 blog_2020_09_08_3.jpg blog_2020_09_08_4.jpg

 そして、ここで出てくるのは始めの方で述べた「若い時は・・・。」の件りです。hatakichiも年をしてきて自力で登るのが辛くなってきています。ここでお金を使ってモーター装着です。こんなに楽になるとは。
 因みに”電動アシスト自転車””E-BIKE”とは違いますからね。その辺りの話は後日詳しく書きたいと思います。

 あー、また物欲が・・・。我慢しろ!
 
 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Copyright © Togakushi BackCountry Guides KOTORINOMORI. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈