FC2ブログ
【”上高田保育園 山組 戸隠古道散策Guide” 2018/11/28】
☆また来年!☆

 上高田保育園の今年度の最後のガイドを行いました。

 年少組”山組”自然散策Guideです。年齢は3〜4歳の子供達です。普通の保育園では多分行えないコースですが、一年間この子供達とお付き合いしてhatakichiが大丈夫だと!判断して行いました。
 コースは西長野〜静松寺(じょうしょうじ)までの戸隠古道です。大人の足ではほとんどアップダウンが無く1時間もしないで歩けるコースです。しかし、子供にとってはシングルトラックで左側は切り落ちている散策路です。一歩間違えると滑落に危険がある場所です。

 blog_2018_11_28_1.jpg

 コース内には西国三十三箇所観音像があります。今では25体ほどになってしまっていますが・・・。

 blog_2018_11_28_2.jpg

 戸隠はもう初冬の感じですが、この辺りは紅葉が終わり晩秋といった雰囲気でした。落葉のサクサク感がたまりません。
 
 blog_2018_11_28_4.jpg

 こんな感じで可愛く観音像が並んでいます。絶景です。
 
 blog_2018_11_28_3.jpg

 途中に何本か倒木が散策路を塞いでいる所があります。子供達にとっては自然のアスレチックです。

 blog_2018_11_28_5.jpg

 1時間ほどで静松寺(じょうしょうじ)”に到着。
 同寺の縁起によると、この寺の開山は六十六部の頼朝坊智盛(らいちょうぼうちじょう)法師で、日本中を巡った後に善光寺に来て、葛山の麓に庵を結びました。亡くなる時に、左手のひらに”頼朝”と書いて死んだそうです。
源頼朝が生まれた時、手のひらに”頼朝”と書いてあり、これによって元服してからの名が決まりました。頼朝は、頼朝坊の生まれかわりだということですね。そして、幕府を開いた頼朝は、焼失した善光寺を再建して、自ら参詣しました。
その時、茂菅の頼朝坊の遺跡を訪れ、寺名を”頼朝山法性院静松寺と名付け、田地や山林を寄進したそうです。
 源頼朝が来たという事か・・・。頼朝トンネルもあるしなー。何か歴史ロマンを感じますね。

 blog_2018_11_28_6.jpg

 これで2018年にお願いされた上高田保育園の全ガイド日程を終了。今年もいろいろな所に行かせて頂きました。この”山組”の子供達とは初めて会った年になりました。来年以降もよろしくです。また、4月に会った時には元気一杯の顔を見たいと思います。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【桐生技研 TN-100 1-2N(改)】
☆嬉しい!☆

 このBlogではガイド報告だけでは無く、ガイドに使う道具をはじめ野外活動道具も紹介していきます。

 今回紹介する道具は20年前から”欲しい!!”といつも心の片隅にあった道具です。実際に将来的にはこの部門のガイドもしたいなーと思っていますが、今はhatakichiが楽しむ方が中心になります。

 ”釣り”が趣味の一つのhatakichi。メインは渓流釣りですので、対象魚は”岩魚(いわな)”になります。あとは近くに”野尻湖”がある事から”ブラックバス”や”スモールマウスバス”。そして、”ワカサギ”

 今回の道具は、その”ワカサギ釣り”に使用する道具です。20年前ぐらいにお店のお客様に”野尻湖”に連れて行ってもらって行ったのが初”ワカサギ釣り”。その時には長野にレンタル道具で行い、その後安いセット道具で行っていました。そしてその頃から上手な方々が使用していた”電動リール”。そんな事でやっと20年越しで先日この”電動リール”を手に入れる事が出来ました。その詳細は小鳥の森公式Blog戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)で紹介してあります。

 今回はその道具のスペックを紹介します。

 tn-100_1.jpg

 これが普通に販売している桐生技研 TN-100です。今回hatakichiが購入したのは、

tbgk_tn_100_1.jpgtbgk_tn_100_2.jpg
tbgk_tn_100_3.jpg

 ”hatakichiオリジナル電動リール TN-100 made by 桐生技研”です。

 市販モデルと何が違うかというと、まず見比べてみてすぐに目に付くのは”アナログ・カウンター”が付いた事。これは”野尻湖”の水深が30m程ある事から付けて頂きました。現在、DaiwaやSimanoから出ている”電動リール”には”デジタル・カウンター”が付いています。このアナログは希少でメカっぽいでしょ!

 tbgk_tn_100_4.jpg

 市販モデルは、巻き上げスイッチが赤いプラスチック製のモノですが、hatakichiモデルはボディと同じ”アルミ製巻き上げスイッチ”に。そして、持ち手がアルミなので、触っていると冷たいので熱収縮だったかな?専門用語を聞いたんですが忘れてしまいましたが、黒いゴム製チューブを巻いて頂きました。

 tbgk_tn_100_5.jpg
 
 大型スプール高速モーターに変更。バッテリーも一日釣っていても十分な単2電池2本(アダプターを使うと単3電池6本)。

 tbgk_tn_100_6.jpg

 とにかく”野尻湖”で釣る事を第一に考えた”野尻湖仕様”になっています。
 まだ実釣はしていませんので、今後現場でのレポートをお送りします。

 今後”小鳥の森”では、”野尻湖ワカサギ釣りツアー”なども企画して、釣り上げた”ワカサギ”を当店でツマミにパーティーなんか出来たらと思っています。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”信州登山案内人 更新講習会(実技) 2018/11/16】
☆切磋琢磨!☆

 長野県には自然散策や登山を行うガイド資格信州登山案内人があります。県単位でこういう資格を作っているのは長野県北海道だけです。長野県の資格が県下全域で統一されたのは田中康夫氏が県知事を行っていた時です。田中氏については賛否両論ありましたが、結構良い事もやっていたんですよ(笑)!
 長野県は山岳観光を売りにしている県、その山岳観光を地元に方々で案内するのは当然、県外からお客様とガイドが一緒に来て楽しんで帰る事に着目して制度を整備しました。この時に正式に戸隠地区にも戸隠登山ガイド組合が作られました。
 
 この資格の有効期限は3年。その間に机上講習、実技講習、救急法などを行って資格更新を行います。その実技講習が昨日長野市”物見岩”で行われ、その講師をさせて頂きました。
 
 戸隠地区や白馬、小谷地区のガイドは普段からザイルを使っているので確認しながら。あまり山岳域が少ない地域の方は、試験以来の感触に戸惑いながら。

 blog_2018_11_16_2.jpg

 お客様を安全にガイドする為に、危険箇所に”フィックスロープ”の設営方法。

 blog_2018_11_16_1.jpg

 難所をザイルを使って確保をして登攀方法。

 blog_2018_11_16_3.jpg

 最後は模擬ガイド形式で”ショートロープ”を使ってツアーを行いました。

 流石に普段ガイド活動を行っている方々なので、スムーズに行っていました。hatakichiも今年新しく使い始めた道具を教えながら再確認出来ました。講師として人に指導するという事は、非常に勉強になり、自分自身のレベルアップになります。

 長野県には各地域にその地域を精通しているガイドがいます。是非、安全な登山をする為、また楽しい登山をする為にお利用下さい。
 戸隠地区ご利用の場合は、お問合せ下さい。その他も可能な場所でしたらご案内致します。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”浅田舞”ちゃんとお仕事 2018/11/13】
☆役得!☆

 スポーツ選手は清々しくて好きですね。

 プロスケーターの浅田舞ちゃんとお仕事させて頂きました。番組名はまだ告知等しては行けないので時期になりましたらお知らせします。

 背筋がピンと伸びていてスポーツ選手ならではの搾られた体、素晴らしいと思いました。

 blog_2018_11_13_2.jpg

 ランチタイムも、いろいろな話が出来て、面白かったです。戸隠は名前もしらなかった場所だったので、あまり知識も無い分、見るモノ感じるモノが新鮮だったらしく、

 ”気持ちが、こんな感じになるの初めてかも!”

 と嬉しい事を言ってくれました。

 blog_2018_11_13_1.jpg

 他にやるスポーツは”スキューバーダイビング”ぐらいしかとの事だったので、是非”スノーシュー”をとお誘いしときました。元気一杯の彼女にこちらもパワーを頂いた感じです。
 
 また、何かご縁があったらお仕事したいですね!ありがとうございました。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
【”上高田保育園 雲組 頼朝山&葛山Guide” 2018/11/07】
☆楽勝だったかな?☆

 11月7日(水)は上高田保育園年中組”雲組”里山トレッキングGuideでした。今回も目的地は長野市内にある頼朝山(638m)”葛山(812m)”のプチ登山です。ここは、善光寺の裏山にあたるところでトレッキングコースも整備されているし、景色も良いので昨年から使っています。また、戸隠古道大ウォークでも途中まで使用している場所なのでhatakichiも熟知しています。

 結構足元が落ち葉などで見えずらかったり、木に捕まって登ったりするので”軍手”を装着して出発。

 blog_2018_11_07_1.jpg

 戸隠の紅葉は終わりましたが、標高の低いところはまだまだ丁度良い感じです。このルートも戸隠古道やお寺へのルートだったりと道端に”祠(ほこら)”もちらほらと。

 blog_2018_11_07_2.jpg

 このルートの一番の難所ですなー。大人でもたまに落ちます!今年は栃の木に切り込みを入ってステップが作られていました。ありがたかったのですが、これはあまり褒められる造作では無いですね。木を完全に痛めてしまっています。作って頂いて何ですが、他の方法を検討すべきでしょうね。

 blog_2018_11_07_3.jpg

 無事に葛山(812m)”に到着。ここからは長野市内、”大峰山(828m)”、遠くに”飯縄山(1,917m)”が見る事が出来る絶景ポイントです。

 blog_2018_11_07_4.jpg

 もう、何か楽勝ってかんじで、さっさとお楽しみの”お弁当タイム”。他にお一人のハイカーの方がいましたが、ほぼ貸切状態。
 
 blog_2018_11_07_5.jpg

 下りは難所に”フィックスロープ”を設置。一人一人慎重に降りしました。
 
 blog_2018_11_07_6.jpg

 降りた子供達から、

 ”hatakichiさん、本当のガイドみたい!”

 と。あれ?本当のガイドと思ってなかったの?でも、解って貰えて良った・・・(冷汗)。
 
 予定時間よりもかなり早く降りてきたので、足を伸ばして善光寺まで行ってみる事に。途中、”瓜割清水(うりわりしみず)”で休憩。”冷やした瓜が割れる程冷たい水”という事を体験して貰いました。
 
 blog_2018_11_07_7.jpg

 善光寺に到着すると七五三の時期なので着物を着た子供達が一杯。子供達も丁度五歳なので何んかはここで祝ってもらった様です。
 
 blog_2018_11_07_8.jpg

 年中組”雲組”の今年度野外活動Guideはこれで終了。来年は毎月いろいろなところに行く事になります。また、4月に会いましょう!!一年間有難うございました。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Copyright © Togakushi BackCountry Guides KOTORINOMORI. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈