FC2ブログ
【”戸隠神社式年大祭 宝光社特別参拝①” 2021/05/07】
☆勉強になりました!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 昨日は、お店は振替休業させて頂いたので、お客様気分で戸隠神社式年大祭を楽しんでみました。
 戸隠神社宝光社で行われている”特別参拝”に行ってみました。

 鳥居に五つの”智慧”をあらわす”五色幕”が飾られて華やかです。普段”五色幕”は見かけませんが、戸隠神社は以前戸隠山顕光寺”とお寺だった為でしょうか。真榊の”五色絹”は見かけますが・・・。

 そうそう今回何故”宝光社”に行ったかというと”式年大祭”期間中”特別参拝”という事で”御神坐回廊特別参拝””離山仏里帰り拝観””御印文拝戴(ごいんもんはいたい)””鳳輦(ほうれん)””神獣白澤(しんじゅうはくたく)”が企画されていました。

 まずは”270段”あるといわれている階段を登ります。以前ボクシング世界チャンピオンの”内藤大助”氏をGuideした時には「トレーニングだ!」と言って駆け上がった記憶がありますw。

 ”宝光社(戸隠山顕光寺宝光院)””奥社(戸隠山顕光寺奥院)”に相殿として奉られ、康平元年(1086)に現在の場所に分祀され建立されました。

 tbgk_blog_2021_05_07_1.jpg tbgk_blog_2021_05_07_2.jpg

 ”宝光社(戸隠山顕光寺宝光院)”の祭神は”天表春命(あめのうわはるのみこと)”です。この”天表春命”は、”中社(戸隠山顕光寺中院)”の祭神”天思兼命(あめのおもいのかねのみこと)”御子神です。

 2017年2月23日、文化庁の「重要伝統的建造物群保存地区」に中社・宝光社地区が選定され”宝光社社殿”も指定されました。”宝光社社殿”は戸隠神社内で唯一の江戸期の造りです。神仏習合時代の面影が強く残る現在の建物は、万延2年(1861)に建立されました。奥行きの深い妻入り形式が特徴で、”善光寺”の形に似ています。”神道(かんみち)”側から見て頂くとその形がよく理解出来ると思います。
 拝殿の周りには宮彫刻師の”北村喜代松”氏らによって空想の動物彫刻が飾られています。幾つ見つけられます?

 tbgk_blog_2021_05_07_3.jpg tbgk_blog_2021_05_07_4.jpg

 社殿横には”社務所”があり、普段ですよ”御朱印”や”お守り”等を頂ける場所です。今回はここから”特別参拝”をする入口になっています。初穂料は、お一人様1000円(15名以上の団体の場合は、お一人様800円)です。特定日を除く毎日、10時から16時30分までご利用出来ます。
 
 tbgk_blog_2021_05_07_5.jpg tbgk_blog_2021_05_07_6.jpg

 初穂料を収めると”戸隠山宝印”が頂けます。これは”御神座回廊”の時と”御印文拝戴”の時の使用しますので、大事にお持ち頂きたいです。

 tbgk_blog_2021_05_07_9.jpg

 では、中に入ってみましょう!

 少々長くなってきましたので、今回はここまで。戸隠神社式年大祭 宝光社特別参拝②”に続きます。

 






 に参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © Togakushi BackCountry Guides KOTORINOMORI. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈